シミの原因とは?(肌トラブルの症状から探す/肌トラブル情報)

シミの原因とは?

シミの原因とは?(肌トラブルの症状から探す/肌トラブル情報)

肝斑(かんぱん)

30~40代の女性に多く見られます。
ほほ、額、目や口の周囲に、境界のはっきりした淡褐色暗褐色が左右対称に現れる色素沈着です。

第一の要因は紫外線とされています。また、妊娠時に色調が濃くなることや経口避妊薬の服用によって現れることが多いことからから、女性ホルモンが関係していると考えられています。
妊娠時の場合は、妊娠2~3か月頃から現れることが多く、徐々に色が濃くなっていきます。出産後は次第に消えていく場合と長期にわたって残る場合があります。

その他、ストレスの関与も考えられます。

雀卵斑(ソバカス)

一般的には「ソバカス」の呼ばれています。これは、ソバの実を粉にした蕎麦殻に似ているところから「蕎麦の滓(かす)」→「ソバカス」と名付けられました。さらに、日光の照射が大きく関与していることから「夏日(かじつ)斑」とも呼ばれています。

雀卵斑は遺伝によるもので、紫外線の影響で濃くなるとされています。
女性、色白の人に多くみられ、思春期に最も増えますが、次第に減少していきます。

老人性色素斑(日光性黒子)

日光性黒子(こくし)、老人性黒子とも呼ばれる色素沈着のことです。

40歳以降に、顔や手の甲、前腕などの日光露出部に、大小さまざまな境界がはっきりした褐色斑が現れます。
光老化によるものと考えられていますが、はっきりとしたことはわかっていません。

女子顔面黒皮症

化粧品などによって繰り返し接触皮膚炎が発生し、表皮にあるメラニンが真皮にまで落ち込んでしまった色素沈着のことです。
中年の女性に多く、ほほ、額などに濃褐色紫褐色ができます。 原因となる化粧品の多くは、タール系色素成分を含む化粧品です。

ベルロック皮膚炎

香水中に含まれるベルガモット油によっておこる色素沈着のことです。ベルガモットにはベルガプテンという成分が含まれていて、これが強い光毒性をもっています。
光毒性とは、直射日光にあたったとき、紫外線とその成分が反応し、色素沈着や発赤、水疱などを起こすことです。

アロマテラピーに使うエッセエンシャルオイルにも同様の危険性のあるものを含んでいるものがあるため、注意しましょう。

お気軽にお問い合わせ下さい