シミの手入れについて(肌トラブルの症状から探す/肌トラブル情報)

シミの手入れについて

シミの手入れについて(肌トラブルの症状から探す/肌トラブル情報)

美白化粧品

美白化粧品

過剰に作られたメラニンを細胞の外に排出させたり、メラニンのできる過程を阻害してシミを薄くするといった化粧品です。美白化粧品に配合される成分には、以下のものが望ましいです。

【1】紫外線防止成分
紫外線(UVA、UVB)をカットして、メラニンの生成を抑制します。
【2】角質剥離促進成分
角質の表面をはがれやすくしたり、表皮の新陳代謝を促進し、蓄積されたメラニンをアカとして排泄させる働きがあります。たんぱく分解酵素やフルーツ酸などがあります。
【3】メラニン色素沈着防止成分
ビタミンCとその誘導体、グルタチオンなどがあります。
【4】メラニン色素生成阻害成分
エラグ酸をはじめ新成分が多く登場していますが、なかでもアルブチンはナシなどの植物に含まれている物質で、欧米で美白剤として使われているヒドロキノン(ハイドロキノン)と似た働きをします。 ビタミンCはその還元作用により、酸化作用を抑制してメラニン産生を阻害しますが、最近は経皮吸収する高濃度のビタミンCがあります。長期運用によりシミを薄くする効果があるとして注目されています。
【5】血行促進、賦活促進成分
ビタミンEや胎盤エキスなどは血行をよくし、細胞の分化増殖を促します。

食事

食事

美白効果があるとして有名なのは、ビタミンCです。大量に摂取すると色素沈着を抑制するだけでなく、メラニンを還元し、色を薄くする効果もあるため、ビタミンCは、できてしまったシミに対してや予防にも有効です。

また、シワの場合と同じように、カロテノイドなどのフィトケミカル、ビタミンEなどのスカベンジャーは活性酵素を減少させるので、シミの予防にも効果があります。
これらは化粧品としてよりも、食事として摂取したほうがはるかに効率的です。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、皮膚に化学物質を塗布して表皮・真皮を剥離する方法です。皮膚が再生する自然治癒力過程を利用しています。

エステティックサロンで多く使用されているピーリング剤は、主にAHA(α-ヒドロキシ酸:通称フルーツ酸)です。
AHAは、角質細胞同士を結びつける線維たんぱくを溶かして切断する作用がある、角質細胞の剥離を促すとされています。角質細胞が剥離すると、それを補うようにターンオーバーが活発になります。

エステティックサロンでは、肌表面の状態を整える、肌をしっかりと整える、化粧のりをよくするなどの目的でピーリング剤を用いています。

AHAケミカルピーリングを行った後は、表皮が薄くなっているため、紫外線には、十分な配慮と注意が必要です。

お気軽にお問い合わせ下さい