シワの原因とは?(肌トラブルの症状から探す/肌トラブル情報)

シワの原因とは?

シワの原因とは?(肌トラブルの症状から探す/肌トラブル情報)

皮膚構造の様々な変化

皮膚構造の様々な変化

若いころは皮膚に弾力があるため、一時的にシワができてもすぐにもとに戻ります。
しかし、加齢紫外線などによって膠原線維(こうげんせんい)(コラーゲン)や弾性線維(エラスチン)、線維芽細胞が変質します。一度溝ができるといつまでも跡が残るようになります。

シワは、筋肉の多い顔に最も多く生じ、表情豊かな人や、神経質な人ほど早く増えるといわれています。その他にも、表皮の乾燥や皮膚のたるみ、皮下脂肪細胞などが重力で下垂するなど、様々な原因によって発生します。

コラーゲンの変化

自然老化の場合は、余分な架橋結合によって線維が太くなる程度ですが、光老化(紫外線による老化)の場合は、線維自体の量が大きく減少し、ハリを失わせる原因となります。

エラスチンの変化

弾性線維の主成分であるエラスチンも、加齢によってその構造を変えていきます。

規則ただしい構造がくずれ、ねじれた部分が生じるなどの構造の乱れが弾力性を弱め、シワを助長します。
また、直射日光に長い間あたり続けていると、変化したエラスチンが増えることがわかっています。

線維芽細胞の変化

コラーゲンとエラスチンに変化が現れるのは、線維芽細胞の変化が大きな原因です。

線維芽細胞はコラーゲンやエラスチンなどを産生しながら、古い線維の分解・吸収もしていますが、加齢とともに産生能力や分解・吸収能力が低下し、紫外線で傷ついた線維が修復できずに残っていくことにもなります。 そして、線維芽細胞が生成するヒアルロン酸の産生も減少していき、皮膚の保湿力が低下し、肌はうるおいを失っていきます。

紫外線による影響

紫外線による影響

紫外線を浴びた量に比例して光老化が促進され、シワが多発していきます。

お気軽にお問い合わせ下さい